20代のM字ハゲについて

私は20代後半の男性で、題名のとおりM字ハゲに悩まされています。
最初にM字ハゲではないかと思ったのが高校生の頃で、友人とじゃれていた時に「お前おでこ広いな、ハゲてるんじゃね!?」とからかわれたのが始まりです。

フッサ育毛剤の効果と私の口コミ!使い心地や感想などを詳細レポート!

言われた時に落ち込みはしましたが、自分で鏡をみていても少しおでこが広いくらいにしか思わないし、友人は悪ふざけでいっただけだろうと思い、すぐ忘れていました。
しかし、大学生や社会人になるにつれて、美容室で好きな髪型を頼んでも思った通りのものにならなかったり、自分でワックス等をつけてセットしようとしても上手くいかないことが多くあり、自分はM字ハゲなんだと自覚しました。

インターネットで調べたところ、私のM字ハゲはAGAと言われる男性特有の脱毛の病気であることがわかり、AGAについては生活習慣をかえたり、シャンプーをかえるだけでは改善せず、投薬や手術等の治療をしなければならないこともわかりました。

その後私はAGA専門のクリニックを受診し、医師から投薬の治療を勧められたため、処方された薬を毎日飲み続けましたところ、3ヶ月くらいたった頃から抜け毛が少なくなったり、髪が太くなった実感が出てきました。
この効果については、医師からの説明やインターネットの情報にも合致するものであり、こんなに劇的に変わるのだなと感動しました。
ただ、自分はそこまでAGAの進行が進んでいないから効果が出やすかったのかなとも思っています。

治療を始めるのが早ければ早いほど効果が出やすくなり、始めるのが遅いと手術などが必要になるため費用面の負担がかなり多くなります。
もし、AGA治療をしようか悩んでいる人については早めの検討をお勧めします。
なお、薬だけであれば月1万から2万ほどで治療をはじめられます。