夏だけじゃない、紫外線の恐ろしさ

紫外線、日焼けといえば多くの方が夏は気にされると思います。夏は日焼けしやすいことから、夏の紫外線が怖いイメージをお持ちの方が多いと思いますが、実は紫外線は一年中お肌にダメージを与えています。特に今の時期、春先から初夏にかけて、特にケアをしなければいけない時期なのです。

ビマジオの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

なぜ肌が暗くならない春が油断大敵なのでしょうか。それは紫外線の種類が関係しています。紫外線はUVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。3種が混合して太陽から地上へと届きますが、最もダメージの大きいUVCは波長が短いので地上には届きません。春は太陽の高度が高く、オゾン層の通過が短いのでより強い紫外線が降り注ぎます。特に波長の長いUVAはよりオゾン層に吸収されにくい事から、多く地上に降り注ぐのです。UVAは肌の奥まで到達し、細胞にダメージを与えるため、シワやたるみの原因になると言われています。

対してUVBは肌表面の炎症やメラニン生成を引き起こすため、シミの原因になります。UVAはすぐに見た目に変化が出ないため、かつてはUVBの方が注目されていましたが、長い目で見るとより大きなダメージを与えるのは、じわじわと奥まで届くUVAなのです。UVBはSPF、UVAはPAの+の数で効果が分類されます。海やレジャーなど夏の強い日差しの下ではSPF、普段の化粧品や日常生活においてはPAを確認し、うまく使い分けることが大切です。また、汗などで成分が落ちてしまうので、なるべくこまめに塗り直すこと、塗った直後は効果がないので、30分ほど前には塗っておく事をお勧めします。