眉毛がうすいと好きなメイクができる

メイクをするときに時間のかかる場所があります。私の場合は眉毛です。うすいのでスッピンだとさみしく見えてしまいます。眉毛を描かないで外出することはありません。http://apoloniasokol.com/

例えばお風呂上りにコンビニエンスストアに行くときも眉毛は描いていきます。(メイクをしているときとちがって眉毛に色をつけて描いていないように自然にしています)メイクをする時はきちんと眉毛を描きます。

お化粧をするときにファンデーションでお肌のベースを作ります。そしてアイライナー、アイシャドーをつけて眉毛を描きます。(私はリキッドタイプのアイライナーをつかっているのでアイシャドーの前につけます)眉ブラシでしっかりと眉毛を整えてから描きます。眉毛がうすいと描くのが大変ですがメイクの幅が広がるのでたのしいです。

例えばエレガントに華やかなメイクをするときは眉山をしっかりと描き、眉尻を長めに描きます。ボーイッシュ、カジュアルなメイクの時は眉尻を短く描きます。眉毛を描いたあとは眉ブラシで自然になるようにしっかりとなじませます。

アイシャドー、アイライナーなどでもお顔の印象を変えられますが、眉毛の描き方ですごく印象は変わります。私は眉毛がうすいので、でかける場所、気分によって自由に眉毛を描くことができます。