頭皮や顔に湿疹が出来るので、早めに皮膚科を受診しています

私は秋冬の時期になると、頭皮や顔の皮膚がデリケートになり、湿疹が出来て痒みを伴うことがあります。皮膚の痒みはとても不快なので、症状が軽いうちに皮膚科を受診しています。皮膚科では比較的副作用の少ない塗り薬を処方してくれるので、毎日使用していると赤みや痒みなどが治まってきます。

http://www.thedesigner.jp/

普段のスキンケアは無添加で安全性の高い、ローションや美容液、クリームなどを使って保湿を心掛けています。馬油やワセリンは保湿効果が高いので、皮膚が乾燥しやすい入浴後などに使用しています。頭皮に湿疹が出来ると、発毛にも悪影響が出てしまいます。皮膚科医が推奨しているシャンプーは、お値段は高めですが、洗浄力がマイルドなので安心して使用出来ます。私は40代を過ぎた頃から、皮膚が弱くなったので30代の頃に使っていた化粧品では、潤いが足りないと感じることが多くなりました。

目元や口元は乾燥しやすいので、専用の基礎化粧品を使ってお手入れをしています。外出をする時は日焼け止めを使用したり、UVカット効果の高いファンデーションを使用しています。洗濯を干す時も日焼け止めを必ず塗るようにして、皮膚を焼かないようにしています。エアコンの効いた部屋で過ごす時は、加湿器を使用するなどの対策を取ることが多いです。正しいスキンケアを実践したり、皮膚科の薬を使用することでお肌の調子が良くなってきます。