肌ケアの基本

20代の頃は気にならなかったお肌の悩みも30歳を過ぎてくると、シミやしわや深くなってきたほうれい線、なんだか頬が下がて来てたるみも気になる!等、お肌の悩みは尽きませんよね。私は看護師として、20代前半にハードな夜勤を経験したので同世代の友人に比べて、お肌の悩みが出始めたので、早くから化粧品については、いいものを選んできました。

リンクルシャイン

そこで気がついたことは、シンプルケアが大切で、与えすぎないということです。水分を丁寧に肌に与えてあげることとさらに脂分を補給してあげることが大切だと感じました。

一日の最後に、メイクはしっかり、かつ優しく、皮膚に刺激にならないクレンジングのいらない洗顔で、極力肌への刺激を防ぐことも大切です。

化粧水の後の保湿剤は乾燥肌、脂性肌、敏感肌等のお肌の質やその日の状態に合わせて、オイルや乳液、ジェル等しっとり感を使い分けていくとよいです。

女性の場合、ホルモンバランスがひと月の中でサイクルで変わっていきますので、毎日のお肌の状態を知ることからはじめてみると良いでしょう。

私の場合は簡単に、清潔な手で頬に優しく触れて、皮膚の弾力やたるみ、冷えているか熱っぽくないか等、朝洗顔時と夜入浴時に見るようにしています。

お肌はとても素直なので、変化はわかりやすいと思います。

ご紹介しましたお肌のケアを、何かひとつでも、少しずつ、生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。