「白髪の悩み」

私はアラフォー世代です。https://freelance-shufu.net/mynature-color-treatment-commercially-available/

35歳を過ぎたあたりから急に白髪が増えてきました。

サイドの生え際に多く、かきあげるとよく見えます。

白髪ってあると気持ちも老けてしまい見つけるとすごくがっかりします。

白髪を目立たなくさせるには、やっぱり白髪染めしかないのかな?

あまりおしゃれな感じがしないから気が進まないな。

何か他にないかと調べていたら、今は白髪を活かして染めるのが流行っているようです。

以前のように暗く白髪染めするのではなく、ハイライトをいれて白髪をぼかすように染めるとのことです。

インスタグラムで見かけたのですが、すごく自然に仕上がっていて、おしゃれに染まっていました。

今まで、白髪は暗くして隠すものだと思っていました。

しかし、あえて白くなった髪をハイライトをして活かして染めるという方法に目からうろこでした。

今はまだ白髪がある部分は一部だし、量もそれほど多くないので普通にカラーをしていますが、いつかは白髪染めをしなくてはいけなくなるのかなと思っていました。

でも、このハイライトでぼかして染めるという方法は自然でおしゃれに仕上がるので、私ももう少し白髪が増え目立ってきたらこの方法で染めてみたいと思います。

白髪染めにはヘナ!

40代後半になって白髪が目立つようになってきました。ヘアージュヘアカラーフォーム

それまで髪を1度も染めたことがなかったので白髪染めにも抵抗があっていろいろ悩んだ挙句、ヘナを使ってみることにしました。

ヘナはインドでは古くから薬草としても使われている植物で、染めても髪を痛めないしトリートメント効果もあるっていうところに惹かれました。

実際に使ってみて、塗ったあとに数時間放置しないといけないこと、ヘナの匂いが気になる人もいる、洗い流すのがけっこう大変というちょっとマイナスなところもありますが、染めた後に髪が全く痛まないでつるつるになるのが大きなプラス!

ヘナだけだと白髪がオレンジ色になるのでそのあとでインディゴで染めると自然な色になるようです。

私の場合はオレンジ色でもかえってちょうどいいアクセントになると思ったのでヘナだけで染めています。

ヘナは髪にダメージを与えないので2週間に1度くらいで染めても大丈夫。

値段も安いし、ヘナの粉末をお湯で溶いて髪に塗って放置するだけで時間がかかるけど難しいことは何もないし、ヘナの匂いがダメならラベンダーのアロマオイルを数滴入れればあまり気にならなくなるし、髪のトリートメントにもなるヘナ白髪染め。

私的にはすごくお勧めです!

ボリュームと白髪が悩みどころ

髪の毛がきれいだとなんだか毎日明るくなりますし,自信も出てくると思います。しかし、髪の毛がペタンとしていたり、地肌が透けているような感じだと全然自信がもてません。したがって、髪の毛をふんわりとすることは絶対に良いことだと思います。しかし、白髪をケアしていないとどんなに素敵なヘアスタイルでもよく見えないことも多いように思われます。自身の悩みはこれらのことからきていて、ふんわり感を出す方法は今は一つ良い方法を見つける事が出来ています。

ボタニカルエアカラーフォーム

しかし、白髪についてはあまり十分な対策方法が見つけられていないのです。白髪は髪の根元から生えているので、せっかく気にならない状態になっても、ケアしていないとまた生えてきて目立っていきます。ずっと何とかしていかなければならず、ここまでくれば完了というケアではないのが辛いところです。

美容院でその都度染めてもらうのは難しいですし、格安の白髪染めも終わりがありませんし、1回2000円くらいはします。とりあえず、1本900円くらいの白髪染めクリームを購入していますが、1週間に数回使用することになっていて、面倒です。しかし、この方法であればちょっとはお得に白髪ケアできるので重宝しています。

高校の時から若白髪に悩まされる。原因は遺伝と日焼けか?

私は元々髪の毛の色素が薄く、茶色っぽい色をしていました。そんなある日友達に、「白髪があるよー!」と言われて初めて自分の若白髪の存在に気付いたのです。そして気にすれば気にするほどポツポツと若白髪が目立ち、なんで自分だけ白髪が映えるのだろう?とすごく悩みました。若白髪の原因を調べると、遺伝やストレス、食生活の乱れといったものでした。

ボタニカルエアカラーフォームはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミをこっそりご報告!

私は中学生の頃からソフトテニス部に所属し毎日炎天下の元練習を励んでいました。また父も若い頃から白髪があったようで、日焼けと遺伝に心当たりがあります。中学生の頃、私は帽子を被るのがダサいと思いあまり被らずに練習をしていました。そのため頭皮に大量の紫外線を浴びてしまい若白髪の原因になったと思われます。紫外線は「メラノサイト」という色素を作る細胞の動きを止めるそうです。そして若白髪の遺伝もあったため、早くで白髪が生えてきてしまったと思います。
私は少しでも若白髪がなくならないかとネットで若白髪が生えなくなる対策を調べました。

・食生活を改める
・頭皮マッサージをする
・黒ゴマを食べる

などとたくさんある中で試せるものを試してみることにしました。食生活は元々悪い方ではなかったので、バランス良く食べることを意識しました。頭皮マッサージや黒ゴマは出来るだけ取り入れるようにしていました。しかし、どれもこれも、若白髪が減ることはありませんでした……。

現在27歳になりますが今もやっぱり若白髪がたくさん生えています。食生活やストレスに気をつけていますが、やっぱり生えるものは生えてきます。2カ月に1度、白髪染めが欠かせない生活です。何か画期的な対策があれば試したいのですが、正直遺伝には勝てないのかなぁと思います。せめてもみなさんには、きちんと頭皮の紫外線対策をしてほしいと思っています。

あなたはこんな間違った白髪予防をしていませんか?

もし、あなたが若い頃は全く気にしていなかった“白髪”にお悩みでしたら、このブログはあなたのためのものです。

なぜなら、このブログでは白髪にかんする間違った予防法と、あなたがすべき正しい予防法をご紹介しているからです。

ですので、もう少しだけ読み進めてみてください。

http://www.thebath-room.com/

きっとあなたも、白髪予防には黒ゴマや黒豆がイイ!という話は聞いた事があるかと思います。

でも実際のところ、白髪予防に黒ゴマや黒豆などの黒い食材は役に立ちません…というのも白髪はこんな流れで白くなってしまうからです。

【なぜ、髪は白くなるのか?】

髪が白くなっていく大きな理由の1つに「老化」があります。そして老化をしていく流れの中で、髪を黒くするための「メラニン色素」が減少してしまい白髪になっていきます。

またメラニン色素は、チロシンという成分が老化によって作れなくなる事で起こってしまいます。つまりこうゆう事です。

黒髪→老化→チロシンが作れない→メラニン色素が減少→白髪

【では、どうすれば白髪を予防する事ができるのか?】

冒頭お伝えした通り、白髪を予防するには黒ゴマや黒豆といった黒い食材を食べる事ではありません。私たちが白髪を予防するために最も効果が期待できる事は「銅イオン」を含む食材を摂る事です!

具体的には
・エビ
・カニ
・ココア

といった食材になります。ただし、一度白髪になってしまった髪は、一部の例外(円形脱毛症の改善)を除いて黒髪に戻る事はありませんので、黒髪のうちから予防を行う事がオススメです。

追伸

白髪に黒ゴマや黒豆といった黒い食材が白髪予防の役に立たない情報は、髪の正しい知識備え、アドバイスができる資格を持つ毛髪診断士(公益社団法人 日本毛髪化学協会)が、必ず学ばなければいけない「新ヘア・サイエンス」の52ページを参照しております。